1. 高島屋カード
  2. ハースト婦人画報社
カード会員様ご優待プラン

この味が食べたい! ファンの多い逸品季節の彩りを盛り込む、京ならではの雅な海鮮ちらし このプランは終了しています

京都・二条寺町  京料理 二條ふじ田

趣味の菓匠「二條若狭屋」を実家に持つ藤田敏晴(ふじた・としはる)さんが1999年にオープンした「京料理 二條ふじ田」。京都三名水のひとつ梨木神社(染井の水)のお膝元にあり、厨房に掘った井戸からくみ上げる清らかな水が端正な料理を支えています。

お昼のコース(4,400円)より。写真の料理のほかに、吸い物、焼物、赤出汁が付く(写真は一例、ご予約は2名様より)

「ちらし寿司は郷土料理にもあり、ご家庭で作られることも多いと思いますが、お寿司屋さんのちらし寿司は意外と召しあがる機会が少ないのではないでしょうか?」と藤田さん。京都・木屋町の寿司割烹「蘭」での修業を経て自身の店を開業するにあたり、コースの締めにちらし寿司を出そうと決めていたといいます。

和菓子屋の次男として生まれ、季節感を大切にする京の暮らしに親しんできた藤田敏晴さん。京料理と和菓子のコラボレーションでもてなす

完全予約制で迎えるお昼のコースは季節の前菜から。ほうれん草とえのき茸のお浸し、蛤の黄金焼き、菜の花、筍、ひらめの子の炊いたん、海老のうま煮、小鯛の酢締めなど。花びら百合根や桜にんじんを添えて愛らしく、春を迎える喜びを表現しています。

春らしい品々をちりばめた季節の前菜(一例)

名物のちらし寿司は、江州米を用いて京風にやや甘口に仕立てた酢飯に甘辛く煮た椎茸が刻んで混ぜてあり、それだけでも十分なうま味を感じます。その上に海苔と両面を焼いてふんわりやわらかな錦糸卵をたっぷりのせて。鯛、ひらめ、海老、まぐろ、たこ、鰻などの海鮮やあしらいの彩りも美しく、はんなりとした京の情趣を感じるひと品です。厚く切ったきゅうりのパリッとした食感も絶妙なアクセントになっています。

昼のコースでは、メインの料理としてしっかりとしたボリュームで提供。夜は品数の多いコースの締めなので酢飯の量を減らしてお出ししているそう。また、2日前までにご予約の場合はテイクアウト(1人前3,024円)にも対応しています。

素材の彩りを生かした繊細な盛り付けは京料理ならでは

仁清(にんせい)焼の器で供されるちらし寿司(一例)。ふたを開けると華やかな色合いが目を引く。春は菜の花や鯛など、海鮮やあしらいの内容は季節によって替わる

コースの最後には、「二條若狭屋」の季節の和菓子とお抹茶が供されます。写真の「吉野」はこなし生地で桜の形を作り、上品でなめらかな漉し餡を包んだもの。ほかにも、ういろうで白餡を包んだ風情のある「しだれ桜」など数種類が用意され、数名でお越しのお客様には、めいめいに異なるお菓子が提供されるのも好評です。

季節の和菓子とお抹茶で食後のひとときを(一例)。お菓子の種類は当日のお楽しみ

清々しい檜のカウンター席のほか、テーブル席や個室2室も(個室のご利用は4名様より、室料なし)

Photo/ Koichi Higashiya
Text/ Sawako Yamada

〈おすすめメニュー〉

「お昼のコース」4,400円 ※税込
・前菜
・吸い物
・焼物
・ちらし寿司
・赤出汁
・季節の和菓子とお抹茶

※食材の入荷状況等により、メニューが変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

〈カード会員様特典〉

お昼のコース4,400円(税込)をご予約・ご注文の方にシャーベットをサービス
※2名様より

◆特典期間
2021年3月1日(月)→4月30日(金)

※ご予約の際は「タカシマヤのカード会員」である旨をお伝えください。
※お支払いはタカシマヤのクレジットカードをご利用ください。
※キャンセル料発生期間につきましては、店舗にお問い合わせください。
※諸事情により、内容が予告なく変更になる場合がございます。最新の情報につきましては、お電話にてご確認いただきますようお願い申しあげます。

このプランは終了しています
基本情報
京都・二条寺町
京料理 二條ふじ田
TEL.075-213-0511(昼は完全予約制、2日前までに要予約)
京都府京都市中京区二条通寺町東入ル榎木町76
http://www.nijo-fujita.com/

掲載日/2021.2.18
表示価格は税(10%)込です。※サービス料はかかりません。
消費税率の変更により価格が変わる場合がございます。