1. 高島屋カード
  2. ハースト婦人画報社
カード会員様ご優待プラン

この味が食べたい! ファンの多い逸品甘辛いタレが染みた、ランチ限定の豪華天丼 このプランは終了しています

東京・銀座  てんぷら 銀座 天亭

創業時から愛される豪華な「天丼」

「てんぷら 銀座 天亭」は、創業34年目を迎える天ぷらの名店。旬の食材をまろやかな太香極淡(たいこうごくうす)胡麻油で揚げた天ぷらは油切れがよく、軽やかな食感が好評です。料理長の寺田克(てらだ・かつみ)さんは、創業時から先代とともに店の味を守ってきたベテラン職人。衣の小麦粉と水の配合比率はその日の湿度や気温によって微調整するなど、長年の勘と繊細な気配りで食通を唸らせています。

カウンターの前に置かれたガラスケースの中には、いかにも新鮮な野菜や魚がずらり

ランチ限定の「天丼」は、揚げたての天ぷらとかき揚げを関東風のタレにくぐらせ、炊きたての白米にのせた人気メニュー。辛口のタレが染みた衣はさっくり香ばしく、厳選された天種はうま味も香りも格別です。

揚げたての天ぷらとかき揚げをのせたランチ限定の「天丼」3,300円(税込)。天ぷらは定番の海老2尾と極太アスパラガスのほか、季節の魚2種と野菜1種。かき揚げは小海老。しじみの赤出汁とお新香付き

「おいしい魚を選ぶには産地の水温が重要です」と語る寺田料理長は、季節によって変化する水温に合わせ、魚を仕入れる産地を替えているそう。そうして厳選した食材の良さを生かすため、衣をつける量や揚げる温度も、天種ごとに変えているといいます。例えば、野菜には衣を薄めにつけて香りや歯触りを生かし、穴子のような脂ののった魚は高温で香ばしく揚げることで持ち味を引き立てるのだとか。また、天丼の種はタレにくぐらせるため、タレが染みたときにちょうどいい柔らかさになるように揚げているそうです。

魚介は同じ種類のものでも時期によって産地を替え、最も良い状態のものを仕入れている

こちらの「天丼」は、ご飯もタレが染みたときにちょうどいい柔らかさになるよう、やや固めに炊き上げるのがポイント。お米は、毎年一番できのいい産地からコシヒカリを取り寄せているそうです。ボリュームたっぷりの天種とつやつやのご飯を甘辛いタレがつなぐ「天丼」は、ランチでのみ楽しめる至福の味わい。ぜひご堪能ください。

料理長の寺田克(てらだ・かつみ)さん
「当店の揚げ油の配合は太香極淡胡麻油が8割、コーン油が2割。胡麻独特のふくよかな香りと、まろやかな風味が特徴です」

店内はカウンター11席のほか、テーブル席が3卓

Photo/ Reiko Masutani
Text/ Megumi Komatsu

〈おすすめメニュー〉

「天丼」3,300円 ※税込
・天丼
・赤だし
・お新香

※食材の入荷状況等により、メニューが変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

〈カード会員様特典〉

ランチをご予約・ご注文の方にソフトドリンク(店指定)を1杯サービス
※1名様~

◆特典期間
2020年6月1日(月)→7月31日(金)

※ご予約の際は「タカシマヤのカード会員」である旨をお伝えください。
※お支払いはタカシマヤのクレジットカードをご利用ください。
※キャンセル料発生期間につきましては、店舗にお問い合わせください。
※諸事情により、内容が予告なく変更になる場合がございます。最新の情報につきましては、お電話にてご確認いただきますようお願い申しあげます。
このプランは終了しています
基本情報
東京・銀座
てんぷら 銀座 天亭
TEL.03-3571-8524(要予約)
東京都中央区銀座8–6–3 新橋会館 地下1階
http://ginza-tentei.jp

掲載日/2020.5.18
表示価格は税(10%)・サービス料込です。
消費税率の変更により価格が変わる場合がございます。