1. 高島屋カード
  2. ハースト婦人画報社
カード会員様ご優待プラン

『美しいキモノ』富川編集長おすすめまた訪れたくなる、居心地のよいモダン・イタリアン

東京・青山  ビス トリス

リラックスしてイタリアンを楽しんでほしいというシェフの思いから、スタッフのユニフォームもカジュアルに

「きものの師である木村 孝(たか)さんにご紹介いただいて以来、すっかりファンになりました。舌も目も満足させる對馬(つしま)シェフ(上写真右)のお料理は、何度足を運んでも新鮮! ランチもディナーもどちらもおすすめです」(富川編集長)

「ビス トリス」は、2016年にオープンしたばかり。入り口を進むとモダンな空間が広がり、突き当たりには、客席から少しだけのぞけるガラス張りのキッチンがあります。

壁際のボックスタイプの席も落ち着いて食事ができる。扉で仕切れる個室も

對馬シェフは、南青山の「リヴァ デリ エトゥルスキ」で18年間務め、トスカーナ出身のイタリア人シェフ、ビットリオ・コッキさんやピエトロ・アンドロソーニさんに師事。トスカーナならではの素材を生かした料理に、對馬シェフが目指すモダンな感性が加わったイタリアンがおいしいと好評です。

初夏のサラダは、グレープフルーツと、かにを混ぜた「パンツァネッラ」。パンを使ったトスカーナのサラダで、見た目以上にボリュームがある(昼のコースより)

ランチでは、シンプルに食べられる1,500円と1,800円のセットのほか、3,000円のコースを出しています。この店の居心地よさを、友人や家族とのおしゃべりとともにゆっくりと堪能できる「前菜」「パスタ」「メイン」「小菓子とコーヒー」がひと皿ひと皿出される3,000円コースが、断然おすすめ。

コースで出されるパスタ「カチョ・エ・ペペ」。イタリア語で“カチョ”はチーズ、“ペペ”はこしょうの意味。チーズには伝統的にペコリーノチーズ(羊のチーズ)が使われる。自家製の鶏のサルシッチャ(ソーセージ)が添えられている(昼のコースより)

メインには、シェフお得意の「ポルケッタ」が出されることもしばしば。ポルケッタとは、ハーブやにんにくを刻んだペーストを豚肉で巻いたイタリアの伝統的なロースト・ポークです。對馬シェフのポルケッタは、セージやローズマリーの香りもさることながら、はちみつのまろやかさ、ルッコラの苦み、タプナードの塩気などが合わさった、複雑なおいしさです。

メイン料理。左下にのっているのがオリーブやアンチョビをペーストにした「タプナード」(昼のコースより)

コースには小菓子が付きますが、別料金でデザート・メニューもあります(今回、3,000円コースをご予約のカード会員様に限り、期間限定でデザートをサービスいたします。詳しくは下記をご覧ください)。リラックスできる空間で、パティシエ特製のひと皿を楽しみながら、食後の会話にぜひ花を咲かせてください。

デザート・メニューは季節ごとに替わる。写真はチョコレートのタルトに、バラのジェラートを添えたもの

シェフ 對馬幸憲(つしま・ゆきのり)さん
1971年生まれ。南青山「リヴァ デリ エトゥルスキ」の副料理長を務めたのち独立。故郷の青森を中心とした上質な日本食材を、トスカーナの料理スピリットで独自のひと皿に変え、話題をよんでいる。

Photo/ Reiko Masutani
Text/ Noriko Yokota

〈おすすめコース〉

昼 3,000円 ※税・サービス料込
・前菜 ・パスタ ・メイン ・小菓子とコーヒー

推薦者

 『美しいキモノ』編集長 富川匡子(とみかわ・きょうこ)さん
『美しいキモノ』は、きものを着る楽しさがより深まる、きもの専門誌。きものを中心に食・住・美容・旅・文化にまでテーマを広げ、“和”のライフスタイルを提案します。1953年創刊。
https://www.facebook.com/utsukushiikimono
基本情報
東京・青山
ビス トリス
TEL. 03-6712-5994(要予約)
東京都渋谷区渋谷2-3-7 新星ビル1階
http://bistris-aoyama.com/

掲載日/ 2017.5.18
※表示価格は税(8%)・サービス料込です。
消費税率の変更により価格が変わる場合がございます。