1. 高島屋カード
  2. ハースト婦人画報社

『婦人画報』出口編集長おすすめ5皿すべてが美しい、パフォーマンスのよいランチコース

東京・銀座  レストラン エール

(左)「野菜のパフェ」。(右)「フォアグラのソフトクリーム」

クオリティとコストパフォーマンスのよさを兼備し、数ある“銀座フレンチ”のなかで、注目を集めているレストラン。「ランチもディナーもおまかせコースのみ。だからこそ、旬の高級食材がコスパよく楽しめるのだと思います。ランチコースは5皿構成ですが、どの料理にも女性の心を捉える華やかさがあります」(出口編集長)

 

席に着いて、最初に出されるのが「フォアグラのソフトクリーム」。クッキー生地で作ったサクサクのコーンに、ソフトクリームに見立てたフォアグラを、たっぷりと絞ったもの。フォアグラクリームの中には、フランボワーズやいちじくなどフルーツのコンポート(フルーツをシロップなどで煮たもの)が隠れています。フォアグラの旨みと塩気、コンポートの甘酸っぱさが、スパークリングワインと合います。

「フォアグラのソフトクリーム」はランチのみご提供

スペシャリテである「野菜のパフェ」も、思わず写真を撮りたくなるような美しさ。野菜から作ったアイスの層、ムースの層、バーニャカウダの層などが何層にも重なっていて、食べ飽きることがありません。春には、野菜アイスは新玉ねぎから、ムースは塩キャベツから作られます。桜海老などの魚介、時には鴨肉などをほんの少ししのばせることで、野菜のおいしさがさらに引き立てられています。

写真は春バージョンの「野菜のパフェ」。約20種類の野菜が使われている。アイスやムースのほか、グリルしたもの、生のものなど調理法もさまざま

シェフの山本英男さんは、オーナー・ソムリエの林 真史さんとともに、恵比寿のビストロを予約が取れない人気店に成長させた人。「レストラン エール」でもその絶妙のコンビネーションは変わりませんが、銀座ではよりエレガントに、新しい料理を生み出しています。

ある日のランチコースの魚料理。桜葉でマリネした桜鯛を、皮目がパリッとするまで炭火焼きしたひと皿。桜海老とオマール海老のソース、グリーンピースのピュレ、早摘みの青いちごとともに味わう

店内はペール・トーンのインテリアでまとめられ、店名のとおり、軽やかな空気感に包まれ、心地よく食事をすることができます。目の前に置かれている有田焼のプレートも素敵なアクセント。また、サービスのスタッフ全員がソムリエなので、ワインのセレクトも安心してお任せを。ワインはフランスを中心にボトルは約400種類、グラスは赤白合わせて約8種類が用意されています。

 

料理長 山本英男さん
1980年東京都生まれ。クラシックなフレンチレストランなどで働き、古典的な技をしっかりと身につける。2011年、恵比寿「ビストロ間」のオープン時から厨房に入り、クリエイティブな才能を発揮。2016年「レストラン エール」の料理長となる。

Photo/ Yuta Fukitsuka
Text/ Noriko Yokota

〈おすすめコース〉

昼 5,346円 ※税・サービス料込
・アミューズ ・スペシャリテ ・魚料理 ・肉料理 ・デザート
※自家製パン、食後の飲み物付

※食材の入荷状況等により、メニューが変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

美食巡りにお役立てください!
カード会員様特典はこちら

※ご予約の際には、タカシマヤのカード会員であることをお伝えください。

推薦者

『婦人画報』編集長 出口由美(でぐち・ゆみ)さん
年齢を重ねるほどに咲き続ける知的で美しい女性。「婦人画報」はそんな女性のために、ファッション、美容、健康、旅などをテーマに、上質な人生のヒントをお届けします。1905年創刊。
https://www.facebook.com/fujingahojp/
https://twitter.com/DeguchiEiC
※肩書は掲載当時のものです。
※ご予約の際は「タカシマヤのカード会員である旨」をお伝えください。
※お支払いは、タカシマヤのクレジットカードをご利用ください。
基本情報
東京・銀座
レストラン エール
03-6264-5900(要予約)
東京都中央区銀座5-7-10 EXIT MELSA 8階
http://www.restaurant-air.com/