1. 高島屋カード
  2. ハースト婦人画報社
カード会員様ご優待プラン

米沢牛のシチューや芋煮が楽しめる「みちのく定食」

東京・銀座  日本料理 ぎんざ古窯(こよう)

山形県かみのやま温泉の人気旅館が1982年に開業した「日本料理 ぎんざ古窯」。昼夜共通の名物は、山形県が誇る銘柄牛「米沢牛」や、里いも、にんじん、こんにゃく、豆腐などをデミグラスソースで煮込み、温泉玉子をのせた「古窯特製和風ビーフシチュー」です。お昼時には毎日、このシチューを目当てに訪れる人々で大盛況。寒い時期には平均100食が出るという人気ぶりです。

店内は写真のホール席とカウンター席を合わせて50席。昼は1日4組まで予約可。予約せずに訪れる場合は、開店15分前を目安に並ぶと一回転目に入店しやすい

ランチの一番のおすすめは、ビーフシチューとともに山形県の郷土料理「芋煮」やお造りも楽しめる「みちのく定食」。熱々の「芋煮」は、粘りのある里いもを厳選し、山形牛とともに鰹と昆布の出汁で煮る逸品です。

「芋煮」に用いる里いもの品種は時季によって異なる。11月に使用する「悪戸(あくど)いも」は、絹のようにとろける食感と深いコクを持ち味とする伝統的な品種

「日本料理 ぎんざ古窯」で使われている食材は、米沢牛や里芋、玉こんにゃくなど、山形県産のものが中心。創業以来変わらぬレシピで作られる「古窯特製和風ビーフシチュー」は、土鍋の余熱でグツグツと煮ている状態で運ばれ、湯気とともに立ち上る香りが食欲を刺激します。米沢牛のうま味が溶け込んだデミグラスソースは濃厚な味わいながら、しつこさがなく、やさしい味わい。温泉玉子を崩せば、卵のまろやかさが加わり、味の変化も楽しめます。山形県産「つや姫」の炊きたてご飯とともに、身も心も温まるランチをお楽しみください。

母体の旅館が一頭買いする米沢牛を使った「古窯特製和風ビーフシチュー」。ランチの「みちのく定食」2,900円(税・サービス料込)は、芋煮、御造り二品盛り、ご飯(つや姫)、香の物、味噌汁のセット(パンとサラダ付き)

料理長 工藤恵(くどう・めぐむ)さん
秋田県由利本荘市出身。2004年より千葉県木更津市の「オークラ アカデミア パークホテル」和食調理長として活躍。「料亭 濱乃家」料理長を経て、2019年「日本料理 ぎんざ古窯」料理長に就任。「本格的な懐石料理もご用意しております。さまざまなシーンでご利用ください」

Photo/ Akinori Maekawa
Text/ Megumi Komatsu

〈おすすめコース〉

「みちのく定食」2,900円 ※税・サービス料込
・古窯特製和風ビーフシチュー
・山形の郷土料理 芋煮
・御造り二品盛り
・ご飯(つや姫)
・香の物
・味噌汁
・パンとサラダ付き

※食材の入荷状況等により、メニューが変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

〈カード会員様特典〉

お昼の2,900円以上のコースをご注文の方にソフトドリンクを1杯サービス

♦特典期間
2019年11月1日(金)→12月27日(金)

※ご注文の際、タカシマヤのカードをご提示のうえ、特典をご利用の旨、お申し付けください。
※お支払いはタカシマヤのクレジットカードをご利用ください。
※電話受付時間/10:00~15:00、17:00〜20:00
基本情報
東京・銀座
日本料理 ぎんざ古窯(こよう)
TEL. 03-3574-7666(予約可)
東京都中央区銀座7-6-11 ミクニビル2階
http://www.ginzakoyo.jp

掲載日/2019.10.18
※表示価格は税(10%)・サービス料込です。
消費税率の変更により価格が変わる場合がございます。