1. 高島屋カード
  2. ハースト婦人画報社
カード会員様ご優待プラン

『エル・マリアージュ』濱野編集長のおすすめ庭園の景色に癒やされる、美術館の中のフレンチ

東京・虎ノ門  レストラン ヴォワ・ラクテ

「菊池寛実記念 智美術館」に併設されたレストラン。100年の歴史をもつ日本庭園の美しさも魅力的

「『菊池寛実記念 智美術館』内に併設された『レストラン ヴォワ・ラクテ』は、奇をてらわぬ正統派のフレンチを、カジュアルに安心して楽しめるのが魅力的。高層ビルの狭間とは思えぬ美しい庭園の眺めにも癒やされます」(濱野編集長)

再開発が進行中の虎ノ門の高台に立つ「菊池寛実記念 智美術館」は、菊池智氏が創設した現代陶芸の美術館。1階の「ヴォワ・ラクテ」は、2003年の開業以来、食通たちを静かに魅了する隠れ家レストランです。

レストランと美術館の入り口は同じ。東京メトロ「神谷町駅」より徒歩約6分、東京メトロ「六本木一丁目駅」「溜池山王駅」より徒歩約8分

ランチコースは2種類あり、Aコース3,980円は全4品、Bコース5,980円は全5品(A・Bコースともに選択するメインによって別途料金がかかります)

9月のランチAコースの前菜の主役は、岩手県産鴨胸肉の自家製スモーク。しっとりした鴨胸肉のスライスは、濃厚な旨みとほのかな燻製香が持ち味です。「塩とハーブでマリネした岩手県産鴨胸肉は150度のオーブンで焼いて休ませる作業を繰り返し、中華鍋でスモークしたあと、ひと晩寝かせて落ち着かせます。鴨のスモーク香は、ルッコラのごまのような香りと相性がよいのですよ」と教えてくれるのは、料理長の原田泰生さん。

前菜「岩手県産鴨胸肉のスモーク」。ロマネスコ、カリフラワー、ブロッコリー、ルッコラ、インカのめざめ(じゃがいも)、細切りのマッシュルームなど、野菜もたっぷり。甘みのあるにんじんのピューレやタプナードを付けて、味の変化を楽しんで

鴨胸肉のスモークの周りには、ドレッシングとグラナパダーノチーズのパウダーで和えたさまざまな野菜や、にんじんのピューレ、タプナード(黒オリーブとアンチョビのペースト)が少量ずつ添えられ、ひと皿で多彩な味わいを楽しめます。

季節野菜のスープの次は、いよいよメイン。メインはメニューのなかから好きな料理を選べる仕組みで、定番人気は「本日のお魚料理」と「牛ホホ肉の赤ワイン煮込み」(別途300円)です。

メインとして選べる「本日のお魚料理」。写真は銚子産のマトウダイ(約130g)のポワレ。大きめの切身をポワレし、クラシックなソースとさまざまな季節野菜を添えるのが原田シェフのスタイル

ソースを重視する原田シェフは、「メインには必ずソースを添える主義」。「本日のお魚料理」のクリーム系白ワインソースは、ほのかな酸味のあるまろやかな味わいで、魚とはもちろん、なすやかぼちゃ、ヤングコーンなどの野菜とも好相性です。

パティシエールが作る9月のデザートは、旬の栗を生かした「モンブラン」。なめらかなマロンペーストにフォークを入れれば、中から冷たいラムレーズンのアイスクリームと紅茶のシフォンケーキが現れます。

デザートは月替わり。「モンブラン」は、上にホワイトチョコレートパウダーとフランボワーズの飴をのせ、グリオットとカシスのソースを添えて

趣向を凝らしたデザートと庭園の眺めを満喫したあとは、その優雅な余韻に浸りつつ、階下の展示室で現代陶芸を鑑賞してみては(別途入館料1,000円)。レストランが位置する1階から地下へと続くらせん階段のガラスの手すりは、ガラス作家の横山尚人氏が手がけたもの。壁面には銀の和紙を張った書家の篠田桃紅氏のコラージュが施されています。

光り輝くガラスの手すりは、「菊池寛実記念 智美術館」のシンボルのひとつ

地下展示室では年間3、4回の展覧会が開催されており、現在は「珠玉の現代陶芸 マダム菊池のコレクション」展を開催中(9月3日まで)。美術館の設立者である菊池智氏が自身の眼で選び抜いた60点を鑑賞することができる、貴重な機会となっています。2017年の秋は、戦後の陶芸界に新たな風を吹かせた2人の陶芸家を紹介する企画展「八木一夫と清水久兵衞 陶芸と彫刻のあいだで」が開催されます(9月16日→12月3日)。

米国人デザイナー、リチャード・モリナロリ氏がレイアウトを手がけた地下の展示室は、美術館を創設した菊池智氏の美意識を反映させた非日常の空間

菊池寛実記念 智美術館
休館日:月曜日(祝日の場合は営業、翌平日営業)
開館時間:11:00~18:00(最終入館17:30)
TEL.03-5733-5131
http://www.musee-tomo.or.jp/index.html

料理長 原田泰生(はらだ・やすお)さん
高校卒業後、本格フランス料理店で修業を開始。都内数軒のレストランで研鑽を積み、2003年「レストラン ヴォワ・ラクテ」へ。

Photo/ Yuta Fukitsuka
Text/ Megumi Komatsu

〈おすすめコース〉

ランチAコース 3,980円(選択するメインによって別途料金がかかります) ※税込・サービス料なし

・前菜 ・スープ ・メイン ・パン ・デザート ・食後の飲み物

※食材の入荷状況等により、メニューが変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

〈カード会員特典〉

食前酒(グラスワイン)またはソフトドリンクを1杯サービス

◆特典期間
2017年9月1日(金)→2017年10月31日(火)

◆特典条件
昼または夜のコースをご予約の方に限ります。

※ご予約の際は「タカシマヤのカード会員である旨」をお伝えください。
※お支払いは、タカシマヤのクレジットカードをご利用ください。

推薦者

『エル・マリアージュ』編集長 濱野麻衣子(はまの・まいこ)さん
『エル・マリアージュ』は、44地域で45エディションが発行されている世界最大のネットワークを持つ女性誌『エル・ジャポン』から派生したウエディングマガジンです。2008年創刊。
http://weddingblogs.25ans.jp/25answedding/
基本情報
東京・虎ノ門
レストラン ヴォワ・ラクテ
TEL.03-5733-5135(受付時間/火~金11:30~13:30)
※昼は当日予約可、夜は前日までに要予約。入館料なしでの利用可

東京都港区虎ノ門4-1-35 菊池寛実記念 智美術館1階
https://www.res-voielactee.com/

掲載日/ 2017.8.18
※表示価格は税(8%)込・サービス料なしです。
消費税率の変更により価格が変わる場合がございます。